体の悩み

内蔵型冷え性の恐ろしい症状

職場のOLからエアコンの設定温度を上げて欲しいという要望書が出されました。

自分はあまり低くしなくても平気なのですが、汗っかきの同僚がいて、彼がガンガンに寒くしているからです。

女の子たちの気持ちとつらさは痛いほど分かります。
自分も、オフィスの中では、夏なのに長袖のYシャツを着ているくらいですから。

外回りをするときはさすがに腕まくりしますが、お客さんの所に行くと、

「どうして半袖着ないの?」と聞かれます。

夏の暑さと、エアコンの寒さのギャップで冷え性になるのは女性だけではありません。
男性もです。

世界一受けたい授業でも、内蔵型冷え性のことを放送していました。

内臓が冷えると、腸の中にガスがたまったり、便秘や下痢の原因にもなります。

女性の場合、膀胱炎になる危険性もあるそうです。
体温が下がると免疫機能も低下するため、風邪を引きやすく、治りにくいといった夏風邪の症状も出てきます。

体は冷やさないのが一番です。
夏でも冷たいものばかり飲み食いしていては、夏バテになって体力が落ちるし、冷えにもつながります。

暑い日はまだまだ続きますので、温かい食べ物を積極的に摂るようにした方がいいですね。


キャリアアップ

ネットショップを立ち上げるのにおすすめのレンタルサーバー

ネットショップを立ち上げるのにおすすめのレンタルサーバーです。

健康情報

動脈硬化治療なら「三角和雄」先生

日本には、世界に誇る技術を持った先生がいたんですね。

千葉西総合病院の院長「三角和雄」先生です。
アメリカの名医を格付けする期間が4年連続で日本一に評価しています。

その技術はカテーテル治療です。

動脈硬化が原因で詰まった血管にカテーテルを通して、広げる手術を年間に約2万5千人に行っているというから驚きです。

たけしの本当は怖い家庭の医学で紹介されているのを見てびっくりしたと同時に、こういう先生がいるならいざという時も安心だと思いました。

三角先生の病院の詳細はこちら→動脈硬化治療の名医「三角和雄」先生

健康食品

クリスマスまでに5キロ痩せる! 私式90日間ダイエットプログラム

今年のクリスマスはもしかすると一人ではないかもしれません!
人生○○年初の快挙…かも?

うれしさ反面、ブルーなのは皮下脂肪の量
幸せ太りと信じたいけど、いりません!

本番のデートに向けて何としてでもクリスマスまでに5キロは落としたい。
ダイエットにはいろいろあるけれど、出来れば楽な方法がいいなあ。

ハードな運動は勘弁だからコアリズムはちょっと・・・。

サプライズでやっていた朝スイカダイエットは?
秋以降はスイカって出回るの?

食事制限はかなりの確率で心が折れそうだから制限は避けたい。

となると、「キミハブレイク」でやっていた「らくダ」というダイエット食品はどうでしょう?
100キロオーバーの人が痩せていましたが、これは極端な例として・・・。

口コミはないか、と思っていたら、平均で1ヶ月でマイナス3キロの減量に成功した人が多いようです。
クリスマスまでの約90日なら、5キロ減らすのは余裕の計算。

「らくダ」ダイエットのやり方は、届いたメニューを朝と夜に1回食べるだけという簡単な置き換え式のもの。
あとは、リバウンドしないように気をつければ・・・夢がかなうかも?

問題は間食と運動かな?

→「らくダ」の内容を詳しく

健康情報

男性の更年期の一因は不況?

去年から続く不況でうつ病になる男性が増えています。
自殺者も増えており、うつ病患者の増加との関連が注目されています。

不況になると一家の大黒柱である男性は特にストレスを感じやすくなるようです。
先日、NHKの「名医にQ」で男性の更年期障害の特徴を放送していましたが、ストレスが主な要因になるとのことです。

あるネットアンケートによると、昨年9月以降の「世界同時不況がストレスの一因」と回答した人が4割に上りました。
ほぼ同数の人が収入が減ったと答え、「1年前に比べて仕事に関するストレスが増えた」と答えた人が6割に上りました。
一方、昨年9月以降の不況の影響で収入が減ったと答えた人は35.6%。男性は4割以上が収入が減ったとの回答です。

うつと体調不良が続くのが男性の更年期障害の症状です。
肉体的には異常がないのに、辛い症状が続くなら、更年期障害を疑って検査してもらってみてはいかがでしょう?


男性の更年期障害の原因と治療法を名医に聞く

体の悩み

週刊女性で特集された吉丸美枝子の美容法

「魔女たちの22時」で全国に衝撃を与えた「吉丸美枝子」さんが今度は雑誌で特集されました。

6/10発売の雑誌、週刊女性で、フェロモン美容術として記事が掲載されています。
AカップからHカップにバストアップしただけではなく、60歳とは思えないほどの肌のきれいさが注目されています。

一体どんなお手入れをすればあのような張りのある肌になるんでしょうね。

吉丸美枝子さんの美容術

健康情報

運動が通風を悪化させる?

先日の「たけしの本当は怖い家庭の医学」で痛風を取り上げていました。
内臓脂肪の増加による肥満が尿酸値を上げるとのことでした。

そのため、痛風の予防にはダイエットするのが重要なのです。

ところでダイエットには食事療法と運動が基本ですが、運動なら何でもいいというわけではないようです。
水泳やジョギングといった有酸素運動は内臓脂肪を燃焼させるのに有効ですが、無酸素運動は逆に尿酸値を上げてしまう危険があるそうです。

よって、高尿酸血症の人は筋トレや短距離走や格闘技などをするときは注意する必要があります。

痛風の内臓脂肪の怖い関係〜たけしが語る原因と対策

体の悩み

メタボ対策の一環として美へそダイエットを…

下っ腹がぽっこりと出てくるのが気になる連休明け。
ただでさえ運動不足なのにもかかわらず、休みが続くと食べる量が増えてしまいます。

ウエストが広がるとメタボ検診に引っ掛かりかねないので、おなか痩せを考える今日この頃ですが、運動が苦手なので、ビリーズブートキャンプやコアリズムは挫折。

食事で何とかならないかと、朝キウイダイエットや夜トマトダイエットに挑戦しようかと思っていますが、運動もしないと効果は薄いと分かっているので、簡単な運動で効果の上がるエクササイズを探していました。


見つけたのが、スマステーションとドリームプレス社で放送された「美へそダイエット」。
美へそエクササイズのやり方は、腹ばいになっておへそを5回へこませてから、最後の1回はキープするだけというお手軽なもの。
これなら無理なく継続できそうです。

詳しいやり方は元ネタのこの本に書いてあります。→美へそダイエットの本

→美へそダイエットのレビューはこちら

健康情報

父の日に送ろうか?でも禁止?!の電子タバコ



タバコが目の敵にされています。公共の場ではほとんどが禁煙になってしまいました。
駅や車内はもちろんのことタクシーまで禁煙です。
まあ、肺がんの原因のトップなので仕方がないと言えば仕方ないのですが。

そんな中、喫煙家や禁煙を目的に本数を減らそうとしている方に大人気なのが「電子タバコ」。

そんな電子タバコが乗客が誤解を生むとして、JR北海道が電車内やホームなどで使用禁止にしてしました。
紛らわしいと言われれば否定はできませんが、特に誰に迷惑をかけているわけでもないんですから過剰反応のような気がします。

販売元によると電子タバコについて、特にクレームなどは寄せられていないそうです。
世のお父さんたちはお小遣いも減らされ、お付き合いも減らされ、ストレスは増えという状態なのですからタバコを吸う気分ぐらいは味わってもいいと思いますが…。

この電子タバコ、分煙化が進む中で、通販サイトやディスカウントショップでの取り扱いが増えています。
めでたく赤ちゃんが誕生した家庭でタバコが禁止になったパパに「父の日」のプレゼントとして贈ってみてはいかがでしょうか。
価格は、3000〜1万円超ぐらいですので、感謝の気持ちとしてちょうどいいと思います。

→電子タバコの感想

→電子タバコの通販

体の悩み


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。